TERUKEN De REFORM

スケルトンリフォーム

キッチン,スケルトンリフォーム,トイレ,全面改装,内装工事,水回りのリフォーム,洗面所・脱衣所,浴室

築40年超えのマンションの1室です。
ほとんどスケルトン状態にしてからのリフォームです。
工事前の間取り図がこちらです。

それでは工事前の写真から。


大きい梁が見えます。梁下で1.8m程度しかありません。

キッチン


お風呂は1116サイズ

トイレは隅付きロータンク式の壁排水タイプ

洗面所には洗濯機置場はありませんでした。
洗濯機用水栓はあったので、排水はホースで浴室に流していたものと思われます。

その他写真はないのですが、給湯器は部屋内にある強制排気型でした。
給気は室内から自然給気、排気は機械的にダクトに排気するのですが、この給湯器置き場を収納スペースのように使用している方もいらっしゃるようで大変危険です。
ドアには換気ガラリがついていますが、荷物が置いてあったりして給湯器使用時に充分な給気が出来ないと、不完全燃焼になってしまいます!

工事中の写真です。
間仕切りも配管もすべて撤去した状態です。

こちらが工事後の間取り図です。

工事後

見えない部分の変更としては、給排水管、ガス管をすべて取替えました。
やはり大きく変わったのは水回りです。
洗面所とトイレへは今までDKから出入りする様になっていましたが、 廊下にあった物入れを無くす事によって 廊下から出入り出来るようにしました。
以前のトイレは洗面所を通らないと入れませんでしたが、お風呂や洗面所を使用中でも気兼ねなくトイレに行くことが出来るのではないでしょうか?
収納に関しても給湯器をベランダ設置にしたので、その場所に物入れが出来たので不足は無いのではと思います。

洗面所とトイレにも梁が出ていたのですが、梁の出まで壁をふかした事で洗面台もすっきり納まり、トイレもふかした部分を配管スペースとして利用できました。
水回りのスペースを広くしたことでユニットバスも2サイズアップし、寝室にはウォークインクローゼットも出来ました。

DKと洋室の間仕切り引き戸を、天井までの片引き引き戸にすればLDKとして広々と使用できるのですが、またまた梁が通っていて、片引きで片側に収められるようにするには高さが1.8mくらいの(一般的な襖くらいの高さ)しか収まらないので、天井までの1間程度の幅の引違い扉としました。
こちらは実は賃貸物件なので、部屋数は今までのままをご希望でしたのでそのようになりました。

工事後の写真です。

DK
DKから廊下への出入り口付近
DKから洋室方向を見る
洋室 ウォークインクローゼット付近
ウォークインクローゼット内
洗面所
トイレ
ユニットバス
玄関から廊下・DK入り口方向

新築から数十年も経てば色々と手を入れなければならないのは分譲マンションも賃貸マンションも同じです。古い設備や間取りのままでは他の新しい物件に比べて見劣りがしてしまい、なかなか借りてもつかないという状況になりかねません。
昨今の超低金利時代では銀行にお金を預けていても利息は期待できるほどでは無いでしょう。
店子さんにずっと住み続けたいと思われるような住まいにリフォームして長く入居してもらえば、数年でリフォーム代は回収出来ます。
また、一度根本的にリフォームすれば、長年使用している機器や配管の老朽化によるトラブルで入居者の方にご迷惑を掛ける事も避けられます。
リフォームする事で現状資産の見直しと投資になるのではないかなと思います。